>> 子宮筋腫を自宅で改善する方法はこちら

子宮筋腫に大きな影響を与える運動不足を解消するためににおすすめの運動とは?

子宮筋腫のケア方法

子宮筋腫には、運動不足も原因のひとつだと言われています。直接、運動不足が子宮筋腫の原因になるのではなく、子宮筋腫になりやすい人は肥満の人が多いということから、このように言われています。


では、なぜ、肥満の人は子宮筋腫になりやすいのでしょうか?


また、肥満が原因で子宮筋腫になった場合、どのような方法で運動不足を改善するのが効果的なのでしょうか?


肥満がもたらす子宮筋腫の原因やおすすめの運動不足解消方法をご紹介させて頂きます。

なぜ、肥満の人が子宮筋腫になりやすいのか?

では、なぜ、肥満の人は子宮筋腫になりやすいのでしょうか?


子宮筋腫に大きな影響を与えるといわれるのがエストロゲン。


このエストロゲンが分泌されるのは卵巣だけではなく、副腎や脂肪細胞からも分泌されることが肥満の人が子宮筋腫になりやすいと言われている主な要因です。


肥満の人=体脂肪が多い人の場合が多く、その結果、脂肪細胞から多くのエストロゲンが分泌され、子宮筋腫が大きく育ちやすい環境を整えてしまうこととなります。


もちろん、エストロゲンの分泌は必要です。そのため、痩せすぎが原因でエストロゲンの分泌が減少し、生理不順などが生じてしまうこともあります。


目安としては体脂肪率20%から30%に保つことがベストだと言われています。

子宮筋腫を改善するための必要な運動不足解消方法は?

子宮筋腫になりにくい体つくり、子宮筋腫を改善するための体つくりに欠かせないのが運動不足の解消です。この場合、基本的にどのような運動でも問題ありませんが、可能であれば、子宮に悪いと言われる「冷え」を改善することのできる運動をおすすめします。それにベストなのが「ホットヨガ」です。


「冷えは万病のもと」とも言われています。特に女性にとって冷えは何一つ体に良いことなどありません。ただ単に運動不足を解消し、子宮筋腫の原因を取り除く方法も問題ありませんが、同じ運動不足を解消するなら、体を芯から温め運動不足を解消することができるホットヨガはいかがでしょうか。


ホットヨガの場合、運動不足が解消されるだけではなく、生理痛の軽減や免疫力のアップ、ストレス解消のほか、妊活にも効果が期待でき、どのような女性にもおすすめです。

子宮筋腫の運動不足解消には有酸素運動もおすすめ

体を温めながら行うことができるホットヨガが子宮筋腫の運動不足解消にはおすすめですが、ホットヨガの場合、そう気軽に始めることができないという人も多いのではないでしょうか。どうしても、専用のジムに通う必要があり経済的にも難しい場合も少なくありません。


そこで、おすすめなのが有酸素運動です。有酸素運動の場合、場所も費用も不要です。運動不足解消程度の有酸素運動の場合、1日20分程度を目標にウォーキングやジョギングなどを行うだけでOKです。これなら、誰でも手軽に始めることができ、また、続けやすいかと思います。


子宮筋腫と運動不足というものは、非常に深い関係があります。そのため、子宮筋腫で苦しまないためにも日頃の運動不足改善から始めてみてはいかがですか。

タイトルとURLをコピーしました