>> 子宮筋腫を自宅で改善する方法はこちら

子宮筋腫の予防改善を目的とした温活のポイントについてのまとめ

子宮筋腫のケア方法

卵巣から分泌されている女性ホルモンの影響で発症するといわれている子宮筋腫は、30代~40代の女性にとって注目しておきたい症状です。


子宮筋腫の腫瘍は悪性ではないものの、フラッとくる貧血や痛さを感じる原因になってしまう場合もあります。


そんな子宮筋腫の予防改善には冷えを防ぐことが重要だとされていて、体を温める温活が効果的だと期待されています。


そこで子宮筋腫対策のための温活とどのように向き合えば良いのか、そのポイントをまとめました。

なるべくお腹を冷やさないライフスタイルにシフト

子宮筋腫対策で温活を試みるなら、なるべくお腹を冷やさないライフスタイルを意識することからスタートです。


それまでお腹をはじめとした体の冷えのことをまったく意識していなかった女性は、1度ライフスタイルの見直しをおすすめします。




たとえば冷たい飲み物をガブガブと頻繁に飲んでいたり、日常生活の中でまったく運動していなかったり、お風呂に入らずシャワーで済ませていたりなどはあまり良くありません。


これらの行動は、体を冷やすことになってしまいます。ですのでこれらの生活習慣はなるべく改善するように心がけ、できる限り体を冷やさないように意識することが大切です。




お腹を温めるようしっかりと気を付けることが温活の第一歩です。

体を温めてくれる温活向きの食べ物とは

体を温めてくれる温活の食べ物がいくつかあります。



たとえば体を芯から温めてくれる生姜は、特におすすめの温活食材です。


生姜湯を作って飲んでも良いですし、メインのおかずで豚の生姜焼きなどを食べるのも温活の一環になります。


豚の生姜焼きはビタミンBが豊富ですので、温活とともに一石二鳥の健康効果を見込めます。


また適量で唐辛子などの香辛料を料理を取り入れるのも、悪くない考え方です。


カプサイシンが体を温めてくれますから、香辛料を上手く使うと効果的に温活ができます。




またできるだけ冷たい飲み物は避け、ホットか常温の飲み物を飲めば体が冷えにくいです。


もしも子宮筋腫対策で温活を始めたら、これらのことを意識するのがオススメです。

温活するなら運動習慣を身につけよう

男性より女性の方が冷え性になりやすいのは、筋肉量が関係しているといわれています。


筋肉量が少ない女性は、それだけ体が冷えやすいということです。


そこで温活のために取り組みたいのが運動です。


運動をして体に程よく筋肉をつければ、それだけで基礎代謝力がアップしやすくなります。


まったく運動をしないよりも、体が冷えにくくなるのです。




一流アスリートを目指すわけではありませんので、軽い運動でも構いません。


運動して少し汗をかくぐらいでOKです。


大切なのは、運動を習慣化することです。


女性は筋肉をつけることに抵抗を覚えやすいですが、筋肉がまったくないと体は冷えやすくなります。


程よい筋肉で良いので運動によって筋肉を付ける温活をすれば、子宮筋腫の予防改善を見込めます。

タイトルとURLをコピーしました