>> 子宮筋腫を自宅で改善する方法はこちら

子宮筋腫によって免疫力が落ちるという事は一体どういうことなのか?

子宮筋腫の気になること

子宮筋腫は成熟期の女子に多くみられる病です。特に四十代の女の4人に1人は発症していると言われています。近頃では若年層にもみられるようになってきました。


明確としたきっかけがわからないのが実状ですが、生まれ持っている体質に女子ホルモンの影響が加わり、筋腫が大きくなっていくのではないかと、症状としては、生理不順や生理痛、月経時の出血が続き、出血量が多く、性交時に軽い出血があったり、貧血気味になったります。


子宮筋腫は、筋腫が可能なロケーションによって症状の出方が異なります。

現代医学における子宮筋腫の治療について

現代医学における子宮筋腫の治療法としては、明確とした規格はなく、苦しみが激しければ苦しみ止め、貧血の人には増血剤という対症療法が全くになります。


症状が強く出ているケースは、手術による筋腫の削り取りや筋腫の摘出、あるいは子宮の全摘出、ホルモン療法等が行われています。手術や症状を封じ込める対症療法に終始しているのが現実です。


ただし、体に起こる症状は、封じ込めれば封じ込めるほど、より重篤な方向に進んでしまうという事を、知って頂きたいと思います。


そもそも子宮というところは、新たな生命を宿し、育む所であります。それにより、病心配になりにくい抵抗力や免疫力の高いところになっています。そこに病が発症するという事は、その人の持つ生命力や免疫力が低下しているという事になります。


他にも直接的要因として全身の血液の循環、配分、質の乱れが関わっています。病や体に生じる症状は、このように背景となる専門も含めて統合的に捉えていく不可欠があります。

子宮筋腫によって免疫力がおちるメカニズムについて

背景をみていく事で子宮筋腫のきっかけが見えてくるのです。子宮や卵巣の経過としては、生理不順と生理痛があります。具体的には隔月毎に生理不順や生理痛が出やすく、片側の卵巣性能が低下し、卵巣炎、卵巣嚢腫等が発症する時もあります。対症療法を反復するうちに次第に次の段階に移行していきます。




子宮筋腫の芽があるのに、ある人はどんどん大きくなり、ある人は生涯芽のままで終わる事があります。この相違は何なのでしょうか。それは免疫力の異なる点にあるといわれています。しかも、それと並行して、子宮筋腫のきっかけの一つと考慮しられている、女ホルモンの量も減るのです。それなので、40代の女子よりも、50代の女の方が、子宮筋腫の現れてする比率が減るのだと思われます。

例を挙げていったいどのようなものが挙げられるのか

例を挙げるとカゼをひくのもひかないのも、その人の免疫のメカニズムの強弱が係りするといわれます。その上ガンが生じてし、異常な速度で増殖してゆくのも、ガンによってその人の免疫機構が破壊されたのが大きなきっかけです。免疫力が強ければガンにもなりにくいし、子宮筋腫も現れにくいというわけです。免疫力を低下させるきっかけに活性酸素があります。活性酸素はストレス、たばこ、栄養障害、激しい運動、虚血などによって現れてし、細胞や血管を酸化させ、老化させてしまいます。子宮筋腫のランクアップを阻むためにも、免疫力を低下させる危険性を取り除く必要があります。




加えて50代になると、女子ホルモンが低下する事と共に、閉経が到来ます。閉経する事により、月経時に剥がれて弱くなった、子宮内膜から感染するという、危険性が減るのです。免疫力が低下しますが、感染の危険性も減るわけです。

タイトルとURLをコピーしました