>> 子宮筋腫を自宅で改善する方法はこちら

下痢の原因は本当に食べ物だけ?実は女性特有の原因子宮筋腫が原因かもしれません

子宮筋腫の症状

女性の中には常に下痢で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。


常に下痢だとトイレの時間も長くなりますし回数も多くなってストレスになったりしますよね。


そもそも下痢というものは一般的に水分量が多い便の状態を指し、水分量が80%以上の状態です。


お腹にやさしい食べ物しか食べていないし、冷たいものも食べたり飲んだりしていないのになぜか下痢の状態が続いてしまいどうやって治したらいいのかわからずなかなか人にも相談することでもなく原因がわからないという人多いと思います。

食べ物以外のでの下痢の原因について

食あたりするような食べ物を食べていないし、消化にいいものと冷たいものを避けて摂取しているのにどうしても下痢がおさまらないというときに考えられる原因はこのようなことがあります。




〇精神面のストレス
精神面のストレスから下痢になることを運動亢進性下痢といいます。ストレスにより腸管の動きが異常になり下痢を起こす状態です。


〇食物アレルギー
食物アレルギーから下痢になることを分泌性下痢といいます。これは、食あたりとにていますがアレルギーからおこるものです。


〇サプリメント
サプリメントや人工甘味料の過剰摂取から起こる下痢で浸透圧性下痢といいます。





ここまでは、イメージしやすい原因ですが実は女性特有の下痢の原因も他にあるのです。

子宮筋腫からの下痢になることも

以外に知られていない原因が、女性特有の子宮筋腫が原因で下痢になってしまっているということもありえます。


例えば、生理痛が毎月ひどくて、生理時の出血量が異常に多かったりする人は、この子宮筋腫が原因で下痢になっている可能性がありますので病院を受診した方がよいでしょう。


下痢からなかな女性系の病気だと考える人は少ないと思います。しかし、子宮がある場所をよく考えてみてください。


腸が密接にありますよね。なので、密に関係してくるのです。


35歳以上の女性の5人に1人には大なり小なり筋腫があるといわれている時代です。子宮筋腫は場合によっては不妊になってしまうケースあります。ただの下痢だと思って放っておくということはしないようにしましょう。

下痢をあなどらず、しっかりした対応を!

ただの下痢、されど下痢です。必ず下痢が起きているということは何かしら体の中でよくないことが起きているのは明らかです。


内臓は普段腕や足みたいに見える部分ではございません。なのでそういった体からサインを無視せずしっかり耳を傾けてあげることが大事だと私は思います。


そういった小さなサインを見落とさなかれば病気も小さいうちに処置や対応ができることもあります。


例えば、女性なら多くのひとが将来子どもを産みたい!と考えているひとが多いのではないでしょうか。


しかし、ただの下痢だと放っといたが故に子宮筋腫ということに気が付かず妊娠できなくなってしまったということもありえると思います。


そんな悲しいことになる前に下痢を見つめなおしてみたらいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました