>> 子宮筋腫を自宅で改善する方法はこちら

子宮筋腫の大敵?コーヒーの摂取制限は必須なの?その理由を紹介!

子宮筋腫に関する食事

子宮筋腫というと、偶然できてしまうものと言うイメージがあります。


確かにそういった要素は否定できません。


しかし、できてから大きくなる原因の一つにコーヒーがあることはあまり知られていないのです。


今回、この子宮筋腫とコーヒーというテーマで、なぜコーヒーが子宮筋腫に良くないのか、どのような対策を取ればいいのか、他にはどういったものを避ければいいのかについて紹介していきます。


これを読めばきっと、子宮筋腫とコーヒーとの関係が分かり、コーヒー以外にも気をつけた方がいい食べ物などが分かるのではないでしょうか。

コーヒーは子宮筋腫に悪い影響を与える?

コーヒーは子宮筋腫に悪い影響を与えると言われています。


ただし、これは確実に悪い影響を与えるというわけではなく、可能性が指摘されているというレベルです。


なぜこのような指摘がされるのかというと、コーヒーに含まれているカフェインが女性ホルモンであるエストロゲン分泌を促進する作用を持っていることが挙げられます。


このエストロゲンが子宮筋腫を大きくする可能性を持っていることから、カフェインを多く含むコーヒーが子宮筋腫に良くないという評価となっているのです。


同様にカフェインを持つ紅茶なども影響が指摘されています。


ただ、このカフェインと子宮筋腫との因果関係は明確なデータで示されているのではなく、悪そうだから過剰摂取はやめましょうという認識がもたれているのです。

コーヒーを避ける子宮筋腫の対策とは?

コーヒーは明確に悪いとは言い切れないけど、ネガティブな影響を与える可能性があるから避けよう。


それが子宮筋腫の対策です。


そんな状況でもコーヒーを楽しみたいという方は、リスクを冒してコーヒーを飲むよりカフェインレスのデカフェといったものを飲んだり、コーヒーの量を一日小さなカップ一杯というように制限する必要があります。


また野菜や果物をなるべく摂るようにすることを推奨しているので、こういったものを積極的に摂って、嗜好品をコーヒーから果物やカフェインの入っていないお茶にシフトするといった対策が有効といえるのではないでしょうか。


確実なわるものとは言い切れないカフェインですが疑わしいものは避けて、こういった対策をとるのがオススメと言えます。

コーヒー以外にも存在?子宮筋腫を悪化させる恐れのある食品

コーヒーに含まれるカフェイン以外にも子宮筋腫にネガティブな影響を与える食品があります。


それは、赤肉、ハム、アルコール(ビール)といったものです。


この3つの食品は研究結果から子宮筋腫の発生を高める可能性が指摘されており、その可能性はカフェインよりも高いことから更に注意が必要な食品なのです。


コーヒーの摂取に気をつけることも大切ですが、これらの食品に対しても野菜や魚といった置き換えを行うことで子宮筋腫の可能性や巨大化を避けやすくなります。


このように食品の注意点は多いのです。


しかし、本当に重要なのが日々の栄養バランスを保つこと、子宮筋腫への影響を気にするあまり栄養バランスに偏りが生じてしまっては意味がありません。


そういった意味で極端にこれらの食品を忌避するのではなく、バランスを意識した食生活を送り、万が一不調があればすぐに医療機関を受診しましょう。

タイトルとURLをコピーしました