>> 子宮筋腫を自宅で改善する方法はこちら

アルコール摂取量が多い女性は子宮筋腫になるリスクが高まってしまうのか?

子宮筋腫に関する食事

閉経前の女性の約20%がかかる婦人科の腫瘍性疾患の一つが、子宮筋腫です。


ただ、腫瘍性疾患といっても良性の腫瘍のため、命に関わるものではなく、発症していても全く気付かないまま閉経を迎え、腫瘍も小さくなっていく人も多くいます。


それでも、人によっては不妊や流産の原因となることもあるため、注意をしておくことに越したことはありません。そんな子宮筋腫を発症させるリスクの一つとなるのが、日常的なアルコール摂取です。

子宮に筋腫ができてしまう原因は

子宮筋腫になってしまう原因は、解明されていません。ただ、子宮筋腫というのは卵巣ホルモンの分泌が活発な時期に発症し、閉経をすると腫瘍自体も小さくなっていくため、女性ホルモンの影響を受けて発症する病気の一つと考えられています。


そんな女性ホルモン以外に、子宮筋腫に影響を与える可能性があると言われているのが、食生活です。ハムや牛肉などを好む人や、ビールなどのアルコール摂取が多い人は、子宮筋腫になりやすい傾向にあるとされています。


直接的な原因は解明されていませんが、少しでも子宮筋腫になるリスクを減らしたいのであれば、食事をする時にハムや牛肉などを食べる量に気を付ける、アルコールの飲み過ぎを避けるなどできることをしておく方が良いでしょう。

アルコール摂取と子宮筋腫の関連性

アルコール摂取が子宮筋腫発症を引き起こすのではないかと言われている理由は、子宮筋腫を発症している人の中にアルコール摂取をしていた人の割合が多かったためです。


明確な理由や原因などは不明ですが、それでも子宮筋腫のリスクを少しでも減らしたいのであれば、過度なアルコール摂取を控えるなど、できる対策をしておく方が良いでしょう。


それにより、不妊や流産などのリスクを軽減させていくことに繋がります。女性は男性と比べてアルコール分解速度が遅いため、同じ量のアルコールであっても、体に与える影響が大きく変わることになります。それだけに、男性と一緒にお酒を飲む場合は、同じペースで飲むのではなく、控えめな量を意識しておく方が体のためになるでしょう。

アルコールを飲まない選択が難しい人は

子宮筋腫のリスクを少しでも軽減するためには、禁酒が有効ですが、お酒を飲まないとストレスが溜まるという人もいるでしょう。


そんな場合は、飲むタイミングを考えてみると良いでしょう。アルコールを控える最適のタイミングが、生理中です。生理中はホルモンバランスが乱れやすいだけでなく、普段よりもアルコールの分解に時間がかかる時期となります。


そのため、子宮筋腫のリスクを減らしたい時は勿論、体のことを考えた場合も、生理中のお酒は控えておくことがおすすめです。子宮筋腫にかかるリスクのみではお酒を控えることが難しいという人でも、健康面にも影響を与える可能性があると考えれば、無理なくアルコールを控えることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました